マガンの飛来

マガンは、毎年20万羽近くが宮城の伊豆沼、蕪栗沼周辺で越冬します。昼間は落穂などを探して田んぼを移動するすがたが見られます。
かつて狩猟などで数を減らしたマガンも手厚い保護活動で今では数を回復しています。

今後、エネルギー政策で設置されているメガソーラーの影響は心配です。

田んぼで落穂を食べるマガン