主なフィールド

静かな自然

仙台近郊の自然を知っていますか。

field_map
人気アウトドア雑誌の山旅エリア

森の学校ではアウトドア誌などではあまり紹介されない仙台周辺の山をフィールドにして活動しています。
知られていないことにはよい点あります。人の手が入っていない自然がそのまま残っています。人混みもなく荒れていません。とても静かな自然です。

森の学校の主なフィールド

七ツ森

松倉山(291m)、鎌倉山(313m)、笹倉山(506.5m)など(宮城県黒川郡大和町)
ield_photo1_1024x480
仙台市の北18キロ、日本昔ばなしに出てきそうなボコボコとした山並みが特徴の七ツ森。仙台中心部のビルからもよく見えます。北から遂倉山、鎌倉山、鉢倉山、大倉山、撫倉山、松倉山、笹倉山の七つの山が集まっています。
この七つの山、一つ一つは小さな山ですが見た通りけっこう傾斜が急です。状況に応じて登る山を選んだり、方向を逆にしたりといろいろな楽しみ方があります。
トレッキングのコースとして大きく2つに分けて考えています。一つは信楽寺跡から登る、松倉山、撫倉山、大倉山。もう一つは南川ダムの駐車場側から登る、鎌倉山、遂倉山、鉢倉山。笹倉山は少し離れた場所にあるため、他とは分けて考えます。

泉ヶ岳

泉ヶ岳(1172.1m)・北泉ヶ岳(1253.1m)、(宮城県仙台市及び黒川郡大和町)
field_photo2_1024x480
仙台市街の北西20キロに位置する仙台市民の山で、いつも多くの登山客がにぎわっています。仙台市の小学校では泉ヶ岳登山を課外授業として行っています。
山頂までは4コース(水神、滑降、カモシカ、表)があります。隣にある北泉ヶ岳へは水神から分岐して登ることができます。
スキー場もあり冬は駐車場が除雪されるため一年を通じて利用することができます。兎平など中腹は平坦でスノーシューには最適です。
仙台市が管理するキャンプ場もあり、ここではデイキャンプなどアウトドアでの料理を作ったり食べたりして楽しみます。

達居森

達居森(262.7m)&牛野ダム(宮城県黒川郡大衡村)
ield_photo3_1024x480
仙台市から北方へ25キロ離れた大衡村にある山です。達居森の語源はタンコブのアイヌ語と言われています。
高さは低いですが起伏に富んだ楽しいコースです。登山で訪れる人は少なくいつもとても静かです。頂上からは七ツ森の全景も楽しむことができます。
大衡村が管理する牛野ダムキャンプ場もあり、ここは利用料が無料で休日にはいつも多くの人でにぎわっています。

水の森公園

水の森公園(宮城県仙台市)
field_photo4_1024x480
三共堤と丸田沢堤という池を囲む自然林の公園で、まさに水の森です。三共堤の周囲をトレッキングして楽しむこともできます。
仙台市が管理するキャンプ場があり、主にデイキャンプで利用しています。

奥新川渓谷

奥新川の清水滝と虹橋(宮城県仙台市)

クルマではアクセスしづらい仙台の秘境です。JR仙山線の普通電車で行き、美しい清流沿いを歩くコースは手軽に小旅行気分が味わえます。

仙台近郊の森にくらす野生動物たち

nikonplazasendai

ニコンプラザ仙台で開催した
写真展「森のどうぶつたち」より

ニホンリス

ニホンリス
カップに木の実を入れておいたら、リスがやって来ました。

アカネズミ

アカネズミ
栗の実を両手でしっかりつかむノネズミ。

ツキノワグマ

ツキノワグマ
大きなクマ。森の中でひっそり暮らしています。凶暴なだけではかわいそう。

ノウサギ

ノウサギ
雪の中に姿を見せたノウサギ。白くないからすぐ見つかった。

ニホンカモシカ

ニホンカモシカ
まるで山の仙人のような姿。国の天然記念物です。

ハクビシン

ハクビシン
害獣と言われますが、愛嬌はあります。

ホンドギツネ

ホンドギツネ
雪をかぶったキツネ。冬はホントに見事な毛皮をしています。

ホンドテン

 

ホンドテン
人の暮らすすぐとなりの公園に美しいお客さまがやって来ました。

お問い合わせ
NPO法人 森の学校・事務局|info@morinogakko.net

 入会自然体験イベント申込イベント規約